相続財産や贈与に非上場株式が含まれている場合の評価について解説します。専門家でも理解が難しいとされてる領域です。

税法上の時価の考え方

税法上の評価の原則非上場株式の評価が問題となるのは、相続時:非上場株式が相続財産に含まれている場合譲渡時:非上場株式の売買をする場合(所得税法又は法人税法)です。相続...

詳しくはこちら

同族株主の判定

同族株主の判定株主の区分株主の区分は、株式発行会社に同族株主がいるかどうかで判定手続きが異なります。同族株主がいる会社は、特定の株主グループに株式が集中している状態の会社、...

詳しくはこちら

相続税法の非上場株式評価

評価手順の概要非上場株式の評価は、「株主の区分」、「会社規模の判定」及び「評価方法の決定」の3つのステップでおこないます。【まとめ】株主の区分株主の区分では、株式の取得...

詳しくはこちら

特定の評価会社

特定の評価会社「特定の評価会社」とは、株式や土地などの特定の資産の保有割合が著しく高い会社や、営業状態等が一般の会社と異なる会社のことです。会社の規模の規模区分にかかわらず、株式...

詳しくはこちら

会社規模の判定

会社規模の判定概要株主の区分のステップで原則的評価方式を適用すると判定された場合に、会社規模を判定します。上場会社といっても上場会社に見劣りしない規模の会社から個人事業とかわら...

詳しくはこちら

評価方式の決定及び評価手順

評価方式の決定及び評価手順原則的評価方法類似業種比準方式類似業種比準方式は、評価会社の事業内容と類似する上場会社を選び、その類似業種の 株価 配当金額 年利益金...

詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。03-6805-3883受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問合わせはこちら お気軽にお問い合わせください