FAQ

どこから始めたらよいのか分からない
当事務所では、どのような作業を何処に対してどのような手続きをする必要があるのか作業リスト及びチェックリストをご用意しています。

当事務所にご相談いただいた際に、このチェックリストで、ひとつずつ丁寧に確認作業を行い、ほぼ全ての手続きを事前に把握し対応策をご一緒に検討することができます。

平日の日中は時間が取れない
休日・夜間の対応も可能です。

日中お仕事をされている場合には、夜間や土日も対応しています。また、事務所ではなく、ご自宅にお伺いすることも可能です。お気軽にお申し付けください。

資料収集手続きをする余裕がない
相続税申告に必要な、資料集を当事務所で代行することが可能です。

相続税申告に必要な戸籍、預貯金などの残高証明、不動産評価に関する資料などの資料を、平日に役所や金融機関(銀行、証券会社)に出向いて、できるだけ早く収集する必要があります。平日は仕事が忙しく動けないとか、ご高齢であるため何度も足を運べないなどの理由で手続きを行う余裕がない場合には、当事務所で資料収集を代行することが可能です。

また、相続税申告後の不動産の相続登記、金融機関の口座の名義変更手続きについても、当事務所で代行することも可能です。

個別に複数の専門家に相談・依頼する手間を省きたい
当事務所の税理士が全体の窓口となり、必要に応じて、各分野の相続に精通した専門パートナーと連携しワンストップでサービスを提供します。

弁護士、不動産鑑定士、社会保険労務士などそれぞれの専門家に依頼をした場合に生じる、同じような書類を何回も用意しなければならないとか、同じ話をそれぞれの専門家にするといった手間を省くことが可能です。

税務調査対策は含まれていますか
税務調査対策として、相続税の申告では特に効果が大きい「税理士法第33条の2の添付書面」。当事務所ではこの書面を追加料金無しで申告書に添付しています。

この書面添付制度を利用した場合には、調査の通知前に、税務代理権限証書を提出している税理士に、添付書面に記載された事項に関する意見を述べる機会を与えなければならないこととされており、実地調査の省略につながります。