共有分割する際の留意点

紛争を先送りするだけの分割方法

共有分割は、各相続人の持分を決めて共有で分割する方法です。不動産などを公平に相続分に応じて分割することができますが、将来的に相続人が死亡した際には、さらに共有者が増える等、のちのちのトラブルが生じる可能性があることから、紛争を先送りするだけの分割方法といえます。

共有者は共有状態を解消する権利を持つ

共有分割が行われた場合には、民法の共有に関する規定が適用されます。

したがって、共有不動産の持分を単独で売却することが可能です。自己の持分については、完全な処分権を持っているため、他の共有者の意思に関係なく第三者に売却することができるのです。

さらに、共有物は、複数の共有者が権利を持っていることから、所有者としての権利が制約されるため、共有者には、いつでも共有状態を解消する権利が認められています。

このため、分割後に、共有者の1人やその承継人によって共有物の分割請求訴訟が提起されると、結局、競売による換価ということになってしまうことがあります。