遺産の一部分割

遺産の分割は、遺産のすべてを一回で分割することが原則です。

しかし、遺産の一部のみ分割し、残りの財産を未分割のまますることが認められています。これを一部分割といいます。

例えば、遺産である預貯金を納税資金に充てたい場合や、遺産の範囲を確認する訴訟が提起され解決まで時間を要すため争いのない遺産のみを先に分割する場合です。

一部分割と相続税申告

民法上の取り扱い

遺産分割協議や調停による分割の場合には、相続人全員が合意することで一部分割が認められます。

審判による一部分割についても、一部分割により残りの財産の適正妥当な分割が不可能とならないことを要件に、一部分割が認められることが明文化されました。「特別な理由があること」が要件ではなくなったため、一部分割が認められやすくなったといえます。

相続税の申告上の取り扱い

相続税では、未分割の財産には法定相続分で取得したとみなして各相続人の課税価格を算定します。

一部分割の場合に、この「未分割の財産」の捉え方に①一部分割の対象外となった財産が未分割、又は②相続財産全体が未分割の2とおりの考え方があります。いずれの方法によっても、相続税総額は変わりません。

一部分割の相続税申告

②による計算が合理的であるとの判例があります。これは、遺産分割は、遺産のすべてを一回で分割することが原則であれば、「一部分割後も相続財産全体に対する自己の法定相続分に応じた価額相当分から、既に分割を受けた財産の価額を控除した額について、相続持分の主張ができる」という考え方に基づいています。

お気軽にお問い合わせください。03-6805-3883受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問合わせはこちら お気軽にお問い合わせください