死亡による相続の開始

相続の開始日とは

相続の開始は、民法で「相続は死亡によって開始する」と定めていますので、被相続人が死亡した瞬間に発生し、その相続人がその死亡の事実を知っていたかどうかを問いません。

これは、被相続人の財産や債務に関して一瞬でもそれらの帰属について空白の状態が発生すると、その財産や債務に関する法律関係に混乱が生じてしまうからです。

それに対し、相続税の申告期限は、「その相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内」と定められています。

通常は、「被相続人が死亡した日=相続の開始があったことを知った日」となります。自然死亡の場合、つまり医師が死亡診断書を作成する等して死亡の確認を行った場合には、その死亡診断書や戸籍簿に記載された死亡の年月日時分が、相続開始の時期となります。

失踪宣告による相続の開始

長期間の行方不明など、人の生死が不明な状態が続いた場合の措置です。

民法では配偶者などの利害関係者から家庭裁判所に失踪宣告の申立てを認め、一定の期間が経過したとき(通常は、生存が確認されているときから起算して7年間)経過したときに、死亡したとみなすとしています。この場合には、失踪宣告を受けた人を被相続人として相続が開始します。

お気軽にお問い合わせください。03-6805-3883受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問合わせはこちら お気軽にお問い合わせください