相続人に胎児がいる場合

胎児も、無事生まれた場合に相続人となります。

しかし、胎児は、生まれるまでは権利能力がないので、代理人を選任することができませんし、生まれていないので法定代理人たる親権者もいません。そのため、胎児のままでは、遺産分割協議はできず、無事生まれること待つほかありません。

相続人に胎児がいる場合の遺産分割協議

胎児が無事に生まれてきた場合は、未成年者がいる場合の遺産分割にならって行います。したがって、生まれた後でも、親権者たる母親と利益相反となる場合には、特別代理人の選任が必要となります。

お気軽にお問い合わせください。03-6805-3883受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問合わせはこちら お気軽にお問い合わせください