相続開始前3年以内の暦年課税に係る贈与によって取得した財産

相続や遺贈によって財産を取得した者が、相続開始前3年以内に被相続人から暦年課税に係る贈与を受けていた場合には、その贈与財産の贈与時の価額を相続税の課税価格に加算して相続税額を計算します。

また、加算された贈与財産の価額に対応する贈与税の額は、加算された者の相続税の計算上控除します。

なお、相続開始年におこなわれた贈与は、贈与税の申告は不要となっており、相続税の申告に含めます。つまり、贈与により取得した財産の価額を相続財産の課税価格に加算します。

相続開始前3年以内の贈与財産の課税価格算入

相続又は遺贈によって財産を取得した者であること

相続又は遺贈によって財産を取得していない者が対象となるので、加算するのは相続人に限りません。逆に、相続又は遺贈によって財産を取得していない者に対する相続開始前3年以内の贈与は加算しません。

例えば、遺贈を受けていない長男の妻や孫に対する生前贈与は加算しませんが、遺贈を受けている場合には、3年以内の贈与を加算します。

逆に、生命保険金などのみなし相続財産を受け取っている場合には、相続放棄をしたとしても遺贈により財産を取得した者となるため、相続開始前3年以内の贈与財産を加算します。

相続開始前3年以内の暦年贈与であること

相続開始前3年以内の被相続人からの暦年贈与を加算します。贈与税が課税されていたかどうかは関係ありません。このため、

  • 贈与税の基礎控除額110万円以下の贈与財産
  • 死亡した年の贈与財産

も、相続財産の価額に加算します。

なお、次の被相続人からの生前贈与については、加算しません。

  • 贈与税の配偶者控除の特例を受けている財産のうち、その配偶者控除額に相当する部分
  • 直系尊属から贈与を受けた住宅取得等資金のうち、非課税の適用を受けた部分
  • 直系尊属から一括贈与を受けた教育資金、結婚・子育て資金のうち、非課税の適用を受けた部分

相続開始前3年以内とは3年目の同じ日

相続開始前「3年以内」とは、相続開始の日から遡って3年目の同じ日をいいます。その日以後の贈与を加算します。したがって、相続開始前3年を超える同一年中であっても、その日より前の贈与財産は加算しません。

加算する価額は贈与時の相続税評価額

相続財産に加算する贈与財産の価額は、その財産の相続開始時の価額ではなく贈与により取得した時の時価(相続税評価額)です。

課税価格の計算式

課税価格=相続等により取得した財産+相続開始前3年以内の暦年贈与により取得した財産

「相続開始前3年以内の贈与財産の加算」規定を適用する際の留意点

  • 相続財産に加算する贈与財産の価額は、その財産の相続人価額ではなく贈与を受けた時の価額
  • 相続開始前「3年以内」とは、相続開始の日から遡って3年目の同じ日
  • 被相続人から相続や遺贈で本来の財産やみなし財産を取得しなかった者は、加算しない
  • みなし財産を取得した者の贈与は、加算する
  • 贈与税の配偶者控除の特例を受けた財産は、配偶者控除を超えた金額だけを、加算する

なので、注意すること。

贈与税の配偶者控除があった場合

居住用不動産等の贈与を受けた日から3年以内に贈与をした配偶者が死亡し相続財産を取得した場合には、この贈与税の配偶者控除の適用を受けた受贈財産は、贈与税の配偶者控除額を控除して、この生前贈与財産の加算を適用します。

贈与税の配偶者控除と生前贈与加算

お気軽にお問い合わせください。03-6805-3883受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問合わせはこちら お気軽にお問い合わせください